いじめ認知再調査を 矢巾町での事案受け文科省通知

岩手県矢巾町の中学校2年生、村松亮さん(13)がいじめを苦に自殺したとみられる事案を受け、文科省は、全国の教委から回答を得て集計したいじめ認知件数の再調査をするよう、8月17日に通知を発出した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。