高大接続で中間まとめ ICT活用で多面的評価へ

新たな大学入試制度を検討している文科省の高大接続システム改革会議(座長・安西祐一郎科学技術振興機構理事長)は8月27日、中間まとめを了承した。平成32年度から、大学入試センター試験に替わって導入される新共通テスト「大学入学希望者学力評価テスト(仮称)」に、コンピュータで出題・解答するCBT方式を取り入れる。ICT活用で音声や動画が使えるので、多様な出題形式を見込めるのが利点。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。