校内でスマホを学びのツールに 産学官連携で来春から

スマートフォンを学校での学びのツールに――。そんな発想の転換で新たな学習に乗り出すのが、奈良市立一条高校だ。スマホを通して電子黒板で意見を集約したり、調べ学習をしたりと、アクティブ・ラーニングを実践していく。さらに、基礎学力向上のために、民間企業と連携し、有名予備校の講義を無料受講できるなどの仕組みも設ける。来春から実施する予定。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。