不登校対策で中間報告 専門教員の位置付け盛り込む

文科省の不登校に関する調査研究協力者会議は、中間報告を取りまとめた。不登校者のカルテとなる「児童生徒理解・教育シート(仮称)」の活用や、不登校対策の専門教員の明確な位置付けが提案された。加えて、教育支援センターの整備推進、スクールカウンセラー(SC)の充実などを盛り込んだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。