子どもの居場所を用意 政府が貧困対策まとめる

政府は8月28日、経済的に厳しい、ひとり親家庭・多子世帯に向けた支援策をまとめた。子どもの学習を支援したり食事を提供したりする「居場所」を、平成31年までに、年間延べ50万人分用意するなどの事業を実施する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。