校内のICT化進む タブレット端末倍増

学校でのICT整備が進んでいる――。全国公立学校を対象にした文科省の「平成26年度学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果(速報値)」で、タブレット端末が、前回調査の倍以上となる17万台配備されたほか、超高速インターネット接続率(30Mbps以上)が初めて8割台へと突入した。ただ、教員のICT活用力は、まだまだ低い状況であることが明らかになった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。