早生まれの若者は自殺率高 阪大大学院などが研究

大阪大学大学院国際公共政策研究科の松林哲也准教授と、米国シラキュース大学の上田路子リサーチアシスタントプロフェッサーが、早生まれが青年期の自殺リスクを増加させることを、初めて明らかにした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。