暴力件数 中・高で減少 小だけが増加

2015年9月17日号掲載

平成26年度に小・中・高校で発生した暴力行為は5万4242件で、前年度よりも5103件減少していた。だが、小学校では増加傾向となっている現状が、9月16日に文科省が発表した「児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」で明らかになった。自殺者数は減少したが、原因不明が最多を占め、今後の対策に課題を残した。いじめについては、岩手県矢巾町の中学校2年生の自殺事案を受け、再調査を実施中で、10月上旬に公表する予定だ。

調査は、全国の国公私立小・中・高校などを対象に実施。暴力行為やいじめ、不登校、自殺などについて聞いた。このうち、暴力と自殺と不登校をまとめた――。

暴力行為では、学校内外の児童生徒1千人あたりの発生件数は、前年度よりも0・3件減り、4・0件となった。

学校種別では、小学校が前年度よりも572件増の1万1468件、中学校が4563件減の3万5683件、高校が1112件減の7091件。小学校だけが増加していた。

小学校では特に、低学年での伸び率が高い傾向となった。暴力行為について公立のほか、国私立も含めて調査した初年度の平成18年度と26年度を比較すると、6年生が1・9倍なのに対して、1年生5・0倍、2年生4・3倍、3年生4・2倍と、学年が低いほど伸び率は高かった。

また学年別の加害者数では、4年生が1988人、前年度比204人増で、各学年で最多の増加数であった。低学年でも伸びており、1、2年生を合わせると282人増の1638人。6年生だけは230人減の3217人で、大幅な減少となった。

行為の主な傾向としは、対教師暴力や生徒間暴力の件数が多い。具体的には「指導に腹を立て、教師を何度も蹴った」「加害児童が他の児童がうるさいと腹を立て引きずり、引き倒した」などの報告がある。

文科省の担当者は、低学年の暴力行為が増えている背景について「何があるのか探っていく必要がある」とした上で、「根っこには、貧困による保護者のネグレクトなどの要因があるのではないか。認知件数からは、感情を抑制できない低学年児童が増えているようにも読み取れる」と推測する。

自殺件数は230人で前年度より10人減だった。ただ、昨年同様に、原因不明が127人で一番多い。いじめを苦に自殺したのは4人減って5人となった。うちわけは中学生3人、高校生2人。

「その他」を除き、原因が明確だったのは、進路問題が21人、次いで家庭不和と精神障害が各20人だった。

不登校の小・中学生は12万2902人。全児童生徒数の1・21%で、前年度より0・04%増となった。精神不安といった情緒的混乱や無気力が主な原因となっている。

高校は、スクールカウンセラーの活用、校内研修の実施などの不登校対策が功を奏し、減少傾向となった。26年度は5万3154人で、全体の割合は0・08ポイント減の1・59%だった。

(詳細は「教育新聞」紙面に掲載)

 



▼ニュース一覧へ