児童生徒の不登校対策でチャレンジスクール検討

東京都の第2回総合教育会議が9月10日に開かれ、平成29年度までの教育基本方針となる大綱に向けて議論が交わされた。グローバル人材やいじめ対策、特別支援教育の充実など7項目を議題にあげた。このうち不登校対策では小・中学校へのチャレンジスクール設置が検討された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。