デジタル教科書で論議 健康面などへの影響に配慮を

文科省の「デジタル教科書の位置付けに関する検討会議」が9月15日に第4回会合を開き、新たに検討課題を示した。アクティブ・ラーニングや小学校での英語教科化を踏まえ、次期学習指導要領の策定に向けた視点も必要だとした。さらに、日本小児連絡協議会が、子どものネット依存の現状を報告した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。