重大事態めぐり議論 第2号認定が少なすぎる

いじめが原因で不登校となった重大事態の調査に係る指針等を検討している文科省のいじめ防止対策協議会は9月24日、第2回会合を開催。昨年2月に全国の教委に示した試案「いじめ防止推進法における『重大事態』への対処(不登校)」を基に、調査実施の在り方や不登校児童生徒のカルテとなる「児童生徒理解・教育支援シート」の活用方法、第2号認定について議論を交わした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。