大川小遺族らからヒアリング 防災教育の充実を訴える

東日本大震災の津波によってわが子を失った遺族らが、文科省の学校事故対応に関する調査研究有識者会議の第3回会合で、「二度と同じような悲劇を繰り返してならない」と、防災教育の充実を訴えた。同省は、有識者会議の報告をふまえ、今年度内に学校事故に関わる対応の指針をまとめる予定だ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。