次期学習指導要領で議論 下村文科相が委員に謝意

中教審(会長・北山禎介三井住友銀行会長)の第101回総会が9月28日、文科省内で開かれ、次期学習指導要領について議論が交わされた。辞意を表明した下村博文文科相が出席し、「教育改革を進められたのは、教育再生実行会議と中教審の両輪がかみあったからだ」と、文科相として出席する最後の場となった中教審総会で、謝意を表した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。