絶対評価の事例発表 大阪府教委が制度を説明

全国自治体の高校入学者選抜担当者が集まり、選抜制度の在り方を検討する「平成27年度全国高等学校入学者選抜改善協議会」が9月30日、文科省内で開かれた。大阪府を除き、46都道府県で10年前から導入されている「絶対評価」の事例を発表したほか、来春の選抜から全国学力・学習状況調査の結果を内申点に反映させた独自の絶対評価を実施する大阪府教委が、制度を説明した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。