教育再生実行会議を一新 多様な教育の在り方を検討

政府の教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大学総長)が新体制となる。外国籍や不登校、特異な才能をもつなど多様な子どもたちの教育体制を検討するために、座長以外のメンバーを総入れ替えする。これまでの提言をフォローアップする会合を設ける。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。