本が大災害後の心のケアに 学校図書館と災害支援で講演会

「学校図書館の国際潮流と災害支援」をテーマとした講演会が10月10日、東京都渋谷区の文化学園大学ホールで開催された。IASL(国際学校図書館協会)のディリジット・シン会長が講演したほか、震災後の学校図書館支援などが報告された。図書館が居場所となり、本が心のケアになったと語られた。講演会は、来年8月開催予定の「2016IASL東京大会」のキックオフ・イベントのひとつ。同年を「学校図書館年」として制定し、これを広める会の発足も記念して行われた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。