所得連動型奨学金で議論 年内に方向、年度末に最終案

文科省は有識者会議を設け、新たな「所得連動返還型奨学金制度」について検討を始めた。年収に合わせた弾力的な返済制度を設けることで、回収率を高めるのがねらい。マイナンバー制度の導入に合わせて平成29年度から実施する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。