具体的な検討始まる 次期学習指導要領

次期学習指導要領に向けた具体的な検討が始動した。10月19日には、22ある学校種別部会や科目別ワーキングチーム(WG)に先駆け、外国語(英語)と国語との連携について議論する「言語能力の向上に関する特別チーム」(主査・亀山郁夫名古屋外国語大学長)と「情報WG」(主査・堀田龍也東北大学大学院教授)が始まった。各部会などの検討状況にもよるが、年内から年明け以降に、一定の結論が出る見込み。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。