財務省が教員削減案 馳文科相「絶対容認できない」

財務省は10月26日、財政制度等審議会財政制度分科会で全国の公立小・中学校の教職員定数を、平成36年度までの9年間に約3万7千人削減するよう文科省に求める方針を示した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。