財政審の教職員削減案 中教審が緊急提言で反論

教職員定数をめぐり、中教審と財政審が対立――。文科省は10月28日、中教審総会(会長・北山禎介三井住友銀行会長)を開いた。財務大臣の諮問機関である財政制度等審議会の分科会で示された公立小・中学校の教職員定数を、約3万7千人削減する方針に対して、反論する緊急提言をとりまとめた。出席した中教審委員からは、強い語調で反対する声が噴出した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。