校舎外壁で損傷や劣化 点検未実施694校

全国45市町村の公立小・中学校694校が、建築基準法で義務化されている校舎の劣化や損傷について点検を実施していなかったことが会計検査院の調査で明らかになった。校舎の外壁などの損傷を確認しながら、3年以上放置していた現状も浮き彫りになった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。