スクールカウンセラーを正規職員に チーム学校で答申素案

中教審初等中等教育分科会「チームとしての学校・教職員の在り方に関する作業部会」は11月4日、第16回会合を開き、「チームとしての学校の在り方と今後の改善方策について」の答申素案を示した。主な内容は、(1)チームとしての学校が求められる背景(2)チームとしての学校の在り方(3)具体的な改善方策――の3つ。スクールカウンセラーを教職員定数に参入するなど、多様な人材を配置して業務を分散する青写真を描いてみせた。12月に開催される中教審総会に、答申が提示される見込み。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。