総則の構造や表現などを検討 特別部会が初会合

次期学習指導要領の全体的な在り方などを議論する文科省の「総則・評価特別部会」(主査・羽入佐和子国立研究開発法人理化学研究所理事)の初会合が11月2日、文科省内で開かれた。同部会での検討課題として、学習指導要領総則の構造や表現、学習指導を改善するアクティブ・ラーニングの視点などが示された。またカリキュラムマネジメントや評価方法などについて、委員が意見を交わした。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。