教育費負担軽減など 1億総活躍計画まとまる

文科省は11月11日、1億総活躍社会推進本部(本部長・馳浩文科相)を開き、出生率向上や教育費負担を軽減するために、幼児教育無償化などを盛り込んだ計画をまとめた。さらに高等教育改革を進めて優れた人材を創出するほか、学術や文化スポーツなどの関連産業の規模を3倍以上にする施策を打ち出す。今月中にまとめる政府の緊急対策に反映させる見込みだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。