教育大綱最終案を示す 重点7項目今月末までにまとめ 東京都

東京都は11月12日、総合教育会議を開き、平成29年度までの教育指針を示す教育大綱の最終案を示した。「重点事項」としてオリンピック・パラリンピック教育や不登校対策、小学校英語教科化を先行実施するといったグローバル人材の育成など7項目を挙げた。会議での、委員の発言を基に若干の修正を加え、今月末までには大綱をとりまとめる見込みだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。