よい授業の因子とは? 全国初の大規模調査

さいたま市教委が、「よい授業」とは何かを模索し、全国初となる大規模調査を実施。児童生徒が望むよい授業を成り立たせる4因子を明らかにした。それは、授業マネジメントや授業スキルなど。具体的には、授業中のけじめや見やすい板書、ユーモアなどだった。ごく普通の結論のようだが、調査と分析に協力した市川伸一東京大学大学院教授は、「普遍的な要素が因子として抽出できたのには、大きな意義がある」と語っている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。