朝の子どもの居場所づくり 全国に先駆け大磯町で実施

神奈川県教委は、共働き世帯などで、早朝から子どもが家庭で一人きりになる不安の解消に向け、県内小学校施設などを利用した「朝の子どもの居場所づくりモデル事業」を、全国に先駆けて来年1月から開始する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。