指導要領構成でたたき台 総則・評価特別部会

文科省の教育課程部会は12月2日、総則・評価特別部会の第2回会合を開き、学習指導要領の構成に関するたたき台を示した。総則に「横断的に育成すべき資質・能力と教育課程の総体的構造」「18歳の段階や義務教育段階で身につけておくべき力の共有」などをどのように整理して盛り込むか、議論が交わされた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。