教職員定数で議論 予算折衝に向け情報共有

文科省は12月4日、「次世代の学校指導体制強化のためのタスクフォース」を立ち上げた。教育現場を取り巻く複雑化・多様化した問題を踏まえて、教職員定数の在り方について議論を進める。初会合では、来年度の予算編成が大詰めを迎えるなか、財政審が求める教職員削減に対抗するための情報共有を行った。座長を務める義家弘介文科副大臣が「未来思考の発想で議論してもらいたい」と呼び掛けた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。