薬害教育で指導用手引 来年度に学校に届く

厚労省の「薬害を学び再発を防止するための教育に関する検討会」(座長・衞藤隆東京大学名誉教授)は12月3日、中学校3年生向けの薬害教育教材の教員用指導の手引や映像教材の内容をまとめた。薬害エイズや陣痛促進剤といった被害の原因などを学習するのが目的だ。来年度に教材が学校に届く見込みだ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。