高校基礎テストはこんなふう 民間向けに説明会

文科省は高校での学力の定着を測る「高等学校基礎学力テスト」(仮称)の民間企業向け説明会を12月7日、都内で開き、大手予備校や教育関連のソフトウェア会社などから約160人が出席した。同省の担当者が高大接続システム会議の中間とりまとめを基に概要を説明。参加者からは評価の内容やコンピュータを活用した出題の在り方について質問が相次いだ。だが、未確定な部分も多く、具体的な回答は得られなかった。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。