専門高校の魅力はここ 小中教員の多くが知らない

中教審初等中等教育分科会教育課程部会の産業教育ワーキンググループ第1回会合が12月7日、文科省で行われた。各委員が取り組んでいる産業教育の実態と課題が述べられた。専門高校の数は年々減少傾向にある。生徒らは資格を取得するなど、専門性を身に付けて大きく成長している。地元企業との連携で地方創生にも一役買っている。だが、こうした長所を、義務教育段階の教員の多くが知らないので、有効な進路指導ができていないのが課題とされた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。