特異な才能を伸ばす 新しく自由な学びで

(公財)日本財団と東京大学先端科学技術研究センターは、さまざまな分野で突出した能力を持ちながらも、現在の教育環境になじめなかったり、不足を感じていたりする小・中学生を選抜し、新しい学びの場と自由な学びの機会を提供する「異才発掘プロジェクトROCKET」を、昨年から実施。12月7日、東京都目黒区の同センターで同プロジェクトの第2期生13人を迎え、オープニングセレモニーと初回のトップランナー講義を行った。参加した小・中学生は、政治や経済に詳しかったり、工学に長けていたり、菌類について情報発信したりと、異才を発揮している。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。