カリキュラム・マネジメント 今後は地域ぐるみで

中教審初等中等教育分科会教育課程部会「生活・総合的な学習の時間ワーキンググループ」は、第2回会合を12月8日、文科省で開いた。次期学習指導要領に向けた改訂を見据え、生活科と総合的な学習の今後の在り方や改善、充実への協議を深めた。「今後のカリキュラム・マネジメントは、地域ぐるみで進めていくべきだ」などの意見が、委員からでた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。