保育所を新たに整備 待機児童ゼロ維持へ

東京都千代田区教委の定例会が12月8日に開催され、保育所の整備計画を示した。待機児童ゼロとなっている同区は、近年、子育て世帯が増加しており、今後の需要も見込み、保育所などを増やしていく方針だ。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。