主権者教育中学校で 市議の活用を検討

主権者教育の副教材が全国の高校に届き、本格的な指導が始まろうとしているなか、いち早く中学校から政治について学習を進めようとしている自治体がある。佐賀市教委では、市議を講師として活用する検討を始めた。政治的中立性を担保した上で、これから始まる高校での主権者教育を参考に、平成29年度以降に開始する見込み。市教委によると、市議を講師とする主権者教育は、中学校社会科公民的分野の授業で実施する。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。