そこはフォルテ! プロの演奏家が直接指導

普通科の高校生が、プロの音楽家から定期的に直接指導が受けられる。教える者と学ぶ者が互いに響き合う楽しい授業の中で、生徒は技術や表現力を一層高めている。横浜市立戸塚高校(長田正剛校長、生徒数944人)には、普通科の中で充実した音楽教育が受けられる「音楽コース」がある。12月9日には、長年、ドイツのケルン放送交響楽団で副首席フルート奏者として活躍したハンス・マルティン・ミュラーさんが来校。同コース生徒のフルートやアンサンブルに、熱のこもった指導を行った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。