唯一の正解がない問題を追究 保健体育もそれで

中教審初等中等教育分科会教育課程部会の体育・保健体育、健康、安全ワーキンググループ(WG)は、第3回会合を12月10日、文科省で開いた。次期学習指導要領への改訂に向けて、体育や保健体育などで育むべき資質能力と実践のあり方について、各委員が論議を深めた。協議では、「日本の長寿実現などを国際比較で考えたり、超高齢社会を迎える中で、唯一の正解がない問題を追究したりする学びが必要では」「技量に関係なく運動好きな子を育てる実践を」などの意見が出た。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。