職歴なしの若者 過半がコミュニケーションに難題

経済的貧困を抱えている若者の就労支援をしている認定NPO法人育て上げネットは、12月12日、ニートなどの若者が抱える「課題」や「困難」について明らかにした「若年者無業者白書2014-2015」を発表した。これによると、外部との関わりをもっている者ほど、就職が決まりやすい傾向であった。さらに非正規職歴の10代では高校中退が約3割となり、在学時点でのつまずきが目立っていた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。