理科WGで議論白熱 小中高の接続考える好機

文科省中教審初等中等教育分科会教育課程部会は12月14日、理科ワーキンググループの第2回会合を開いた。教育課程企画特別部会「論点整理」を受けて開催された第1回会合を踏まえ、次期学習指導要領における理科教育の方向性について、「小・中・高の接続を考える好機」などといった意見が、熱を帯びて飛び交った。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。