教職課程で特別支援の基礎を 親の姿勢が大切

中教審初等中等教育分科会教育課程部会の特別支援教育部会第3回が12月16日、都内で行われた。委員からは「特別支援教育や合理的配慮の知識がない保育者がいる」「教員を目指す全ての人に特別支援教育の基礎科目を学んでほしい」など、教職課程への要望が語られた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。