道徳教育 指導意図と評価観点を明確に

文科省の道徳教育に係る評価等の在り方に関する専門家会議は、第7回会合を12月16日、東京都千代田区の東海大学校友会館で開いた。道徳教育の評価の現状と課題を複数の実践から明らかにし、今後の指導と評価の在り方について協議を深めた。「指導と評価の一体化」「指導意図と評価観点を明確化し、学習状況を正確に把握する」などの提言のもと、校内の全教員が質の高い実践と評価を実施するための視点や工夫の必要性などが提起された。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。