アプリ版・東京ベーシック・ドリル 基礎定着に一役

東京都多摩市教委は12月18日、同市立北諏訪小学校の児童が「アプリ版・東京ベーシック・ドリル」を活用する授業を公開した。同アプリは、同市に拠点を置く㈱ベネッセ・コーポレーションの協力を得て開発し、完成。タブレット端末の配備が完了した学校が先行し、今年11月から活用を始めている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。