発達障害など多様な個性 教育再生実行会議が議論

教育再生実行会議(座長・鎌田薫早稲田大学総長)が12月21日、官邸内で会合を開いた。「情報化時代に求められる『多様な個性が長所として肯定され 活かされる教育』への転換」をテーマに、発達障害の子どもたちに向けた特別支援教育や不登校対策について議論が交わされた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。