いじめ防止啓発月間 オリジナル紙芝居など活用

横浜市教委は、12月を市の「いじめ防止啓発月間」と位置付け、学校と家庭、地域、関係機関が連携し、全市的ないじめ防止や撲滅に向けた取り組みに、一層の力を入れてきた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。