就学支援金不正受給で 文科省が対策検討

三重県の広域通信制高校が就学支援金を不正受給している疑いがもたれている問題で、文科省は12月24日、「広域通信制高校の教育運営改善緊急タスクフォース」を立ち上げた。座長には義家弘介副大臣が就き、広域通信制高校の今後の在り方や就学支援金の基準について検討する。今年度末には改善方策を取りまとめる予定。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。