育てボランティアマインド オリ・パラ教育最終提言

都教委が設置した「東京のオリンピック・パラリンピック教育を考える有識者会議」は、都が今後、推進するオリンピック・パラリンピック教育の目標や内容について、このほど最終提言をまとめた。重点的に育成する資質として、ボランティアマインドや障害者理解、スポーツ志向などの5つを指摘。都内の全小・中・高校、特別支援学校などが年間35時間程度をめどに全教育活動を通じて、学校全体で組織的・計画的に進めるなどを打ち出した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。