一条校だけが居場所か でも安易な風潮は困る

文科省は昨年12月25日、「不登校児童生徒への支援に関する中間報告」に関するパブリックコメントの結果について発表した。多忙な教師が子どもと向きあう時間を確保するための定数改善や養護教諭の加配といった人的措置を望むもの、営利目的のフリースクール出現への懸念、オンライン学習の充実など、多様な角度からの声が寄せられた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。