ブラックバイト防止を業界に要請 厚労・文科連名で

いわゆる「ブラックバイト」が大きな問題になっている事態を受けて厚労省は昨年12月25日、多くの学生が働く学習塾や外食業、小売業などの各業界団体などに対して、学生アルバイトの労働条件の適正化を図るよう、文科省と連名で要請した。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。