高校再編で「校舎制」を導入へ 岩手県教委

岩手県教委は、平成28~37年度までの県立高校再編計画案をまとめた。少子化に伴う生徒減に対応して県立高校の適正規模化を進める一方、「校舎制」の導入による高校再編の新方式を打ち出している。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。